諦めて優しくなる

人は平等に年老いていくわけだけれども、
なかなかそれを受け入れられないものだ。
自分のこともだけど、親に関してもそうだ。
まだ頑張れるはず、まだしっかりしてる、と期待している。
努力が足りない、健康なのだから、もっともっと、と諦めが悪い。
同じ年の頃の人が活躍しているのを見れば、ほらね、と。
人と比べてはいけない、とよーく知っているはずなのに!
イライラしたり、荒い言葉を使ってしまって後悔したり、
自分が傷つくし、相手も傷つくこともある。
だから、期待するのをやめて、優しくしようと思う。
思って、できなくても、少しずつやっていく。

前の記事

読書

次の記事

長いおやすみも終わり