大きい犬、小さい犬

大きくても、小さくても、大概の犬はお散歩が大好きだ。
小さければ少しの時間で構わないし、距離も必要ないだろう。
しかし、大きい犬を飼うとなると、長い距離のお散歩が必要だ。
身体の健康のためにも、心のためにも。
お散歩することで、犬はストレスを発散できるのだ。
友人の大きい犬は、2時間のお散歩の後、
帰途につくと、帰りたがらないという・・・
そんな時間と、心の余裕がないと、大きい犬を飼ってはいけないのではないか?
もちろん、広い庭に放すことができれば話は別だけれど。
いや、犬も社会性が大事で犬同士の仲良しと遊ぶことが大事だから、
やっぱり家の外を歩くことは必要なんだろう。

コロナで家に居る時間が長くて、今ペットブームが来てるそうだけど、
ブリーダーの人も危惧していた。この人にこの子を渡していいのだろうか!?

友人から聞いた嘘のような話。
シベリアンハスキーの子犬を飼ったものの、
しつけが大変、お散歩が大変だから、1年くらいしつけてもらってから
返して欲しい~!だって!飼っちゃいけない!

前の記事

家族が、増えた!

次の記事

小学校の卒業式