万人に愛されたいけれど

ある、幼稚園の園長は
二学期からの登園を通常通りとした。
その園がある市内の小学校は分散登校となったのだが、
幼児は重症化しない、という信念を持って、
通常通りとしたのだった。
ところが、保護者から苛烈な批判があり、
信念は揺らがないけれども、心が折れてしまった。

この二学期の登園について悩まなかった園長はいないだろう。
何が正しいのか?どうすれば皆さまに安心して、
かつ納得できて、幸せなのか?
全員が納得できる答えはないだろう。
未だに迷っているもの。
わたしの信念は、子ども達みんなが健康でいて欲しいだけだ。
それぞれの家庭の事情、思い、不満、あるだろう。
今日の千葉県の感染者は驚くほど少なくない。
保育園でのクラスターが32人だとか。
まったく驚かない。
子どもが普通に集まれば、くっつくものだ。

12日に緊急事態宣言が明ける見通しならば、
体制を変えるかもしれない。
梨狩りの梨が、今年は出来が早いそうだ。
うーん
悩む。梨は必ず、お手元に!

前の記事

スポーツをなにか