悲しいお知らせ

もう、すでにご存じない方も多いと思うが、
当園のバスの運転を時々お願いしていた
来間隆子さんが亡くなった。
来間さんは、バスの運転手が急に休みの時や
週に一度だけなどという変則的なお願いに随時気持ちよく
引き受けてくださる方で、とても助かっていたものだ。
いつもニコニコ優しい笑顔が印象的で、
穏やかで、親切で気が利いて、運転はもちろん上手で、
ご主人曰く、運転が好きだった。
闘病から二年くらい経つ。
まだ50歳という若い命が旅立った。
なんだか、まだ受け止めきれない。
穏やかな声が耳に聞こえる。

前の記事

午前中はひとりで

次の記事

冬至