テニスに熱中

ちっともうまくならないが、テニスに行く。
夏休みで時間もあり、ダラダラするくらいならと、
テニスに行く。
主婦を真面目にやると、なかなか自由な時間というのはないものだ。
朝から食事作りに片付けに洗濯を干してひと段落。
ちょっと掃除したらもうお昼の支度。
お昼を片付けるとこの暑さで2回目の洗濯まで乾いている。
お風呂の掃除に犬の散歩、まあのんびりできて、
私は幸せを噛み締める!時間があるってステキ!

自由な時間がないと書いておいて逆説的なんだけど、
この食事の支度をぬってテニスに行く。
今日は家族に甘えて、夜の食事を準備してから
出てしまった。

テニスはホントにちっともうまくならないけど、
今日初めて会う人とコミュニケーションをとることも
人見知りゆえに大変だけど、大事なことと思う。
テニスは長寿のためのスポーツとも言われているのだ。
と前にも書いた。
すごく頭を使う。
使えないから怒られる。。
いつもいい汗をかいた!と爽快感で終われない。
終わりがないことも、到達点もないから続けられるのか?
年甲斐もなく、泣きたくなるほど悔しいこともある。
楽しければいい!とそれで終われないのはなぜ?

今晩のおかず。
イワシを梅干しと生姜で圧力鍋で煮た。
たたききゅうりとネギの中華風
残りものと、トマトの甘酢漬けは常備菜。

 

前の記事

滞る読書生活

次の記事

晴耕雨読