洋服との付き合い方

20代の頃は、似合うとか似合わないとか関係なく、
とにかくお金を洋服にばかりかけていた。
毎日違うモノを着て、それが似合わなくても
着心地が良くなくても、寒くても、関係なく、
ただたくさんの服を買って着ていた。
その頃の服がまだあって、でも流石にもう古いし、と
ダンボール2箱分の古着を知り合いの古着屋にあげたことは、
このページのどこかに書いたと思う。
今もまだ、その頃の服が手元にあって、手放せずにあるものは、
今も袖を通すことがあるもので、古くても大切にしたいモノだ。
着心地が良く、形が好きで、色が気に入っているとか。
祖母のお下がり、母のお下がりも実はある。
母のお下がりのワンピースは、着過ぎて擦り切れて、
友人に思い出のポーチにしてもらった。
祖母のお下がりのスカートは、クッションカバーに。

好きなモノ、似合うモノが段々と狭まってきて、
同じような色や形のものばかりが残るようになってくる。
とか言って未だに失敗もよくする!
増やさないようにしようとも思っていて、
ひとつ買ったらひとつ捨てるとか、
衣替えのない生活を目指して、最近は衣替えするのが
やっと衣装ケース一個分になった。

仕事着の嵩張ること!!

ファストファッションもいいけど、自分のスタイルを
見つけたい。未だに血迷った買い物をすることもあるけど。
学びと思って。。

前の記事

urapageの滞り

次の記事

来年度を考える