チェンジリングを観た

2日ほど前に、アンジェリーナ・ジョリーが主演の
”チェンジリング”を観た。
真実に基づく映画、という。
クリント・イーストウッドが監督で、ジョン・マルコビッチが
共演。贅沢だ。
留守中に息子がいなくなってしまい、警察に捜査を依頼するが、
24時間はできない、どうせ帰ってくるから、というところから、
警察への不信感が募る。
腐敗した警察を頼らず、自分で息子を探す。
警察の怠慢、汚職などが問題となっていた1920年代が舞台で、
この女性の行動が社会を変えるきっかけとなった。
母とかぶりつくように観た。

さて、オリンピックの音楽を担当するミュージシャンが
辞退することになったみたいだ。過去の、障害がある人への
いじめが取り沙汰されてのことだ。
もちろん、断固いじめは許されることではない。
どんな内容だったかも知らない。
何年も前のことなんでしょ?
こうして正義の味方の人々が寄ってたかって叩くのも
いじめなんじゃないの?
この方の家族も苦しむだろう。
それも罰なの?
一生償わないといけないの?
仕事を失うくらい?
有名だから?
こういう風潮が怖い。

前の記事

ロングTシャツ

次の記事

読書からNew!!