なんとなくあっけなく

延期になっていた年長のなわとび大会が
終わった。
朝も、昼も、帰りも、みんな自ら縄跳びしていたから、
今日の結果がどうであっても、充実感も達成感も、
自信もついただろう。
まあ、結果は結果だけど、その過程が素晴らしかったなあ!
多少動機付けはするけど、子ども達の自主性が成したのだ。
リレーだって、すごく速くなっていた。
仲間意識が一段と強くなって、勝敗を1位と2位の子が
肩を叩き合って共に祝っていた。
ちょっと、ぐっと来たなあ。
リレーは、何故するのか、
子ども達の共同作業、仲間意識の高まり、
思いやり、譲り合い、自分だけでは勝てない、
共に磨き合う、素晴らしい教育機会だからだ。
ダイヤモンドがダイヤモンドでしか磨けないように、
子どもも、子ども同士でしか磨けない。
人は一人では生きていけないのだ。

さて、最後といっても良い年間の行事が
あとは卒園式だけになった。
コロナのせいで、今年は保護者の方とお会いする機会が
極端になかった。
卒園式のおこない方についても、
短く、出来るだけ少ない人数で、集まらないように、歌わないようにと、
指導が来ている。
家族みんなで、この式を目でご覧になりたいだろうと
思うし、私達も大切にしている行事だ。
仕方ないと、ほとんど諦めの気持ちでもあるが、
できる限りのことはしたいと考えている。

前の記事

子どものつぶやき入力中

次の記事

全日本幼稚園連合会