子ども達が成長発達していくための真の保育を実践したい。
保護者受けの良さや、見栄えの良さではなく、子ども達の精神性の自由を保障し、
「子どもの、子どもによる、子どものための保育」が臼井幼稚園の保育です。
自己表現をすることを恐れない子どもに育って欲しい、すべての活動のベースです。
教師は園内研修、園外での研修で学び、教師としてのスキルと子ども達を観る目を日々養っています。

 

音楽

ごめんなさい。 このページはまだ作成途中です。 毎日うたう歌 リズム遊び ザイロホン

詳しくはこちら

造形

子どもの造形表現活動は、いわゆる作品を作ることが目的の活動ではないと考えています。 幼児が成長に向かうために、必要だから、子ども自ら造形遊びに夢中になるのです。 子どもにとって...

詳しくはこちら

もじ・かずの教材

臼井幼稚園ではピアジェ理論に基づいて、子ども達が楽しんで学べるような教材を使っています。 早期教育と言われる詰め込み式のワーク的な教材はその時できたとしても、応用力が身につきませ...

詳しくはこちら

体育

<体育遊び> 臼井幼稚園には体育専門の教諭がいます。 技術的なことよりも、まず子どもの基礎体力の向上、転んだ時に顔をぶつけず、 ちゃんと手が出るような運動能力を身に付けて欲し...

詳しくはこちら

身体表現(リズム・バリエーション)

毎月ひとつからふたつのリズム・バリエーションを 一カ月通して週に一度ほど行ないます。 リズム・バリエーションだから、言葉通り、 同じことを繰り返しするわけではありません。 ...

詳しくはこちら

身体表現(クリエイティブ・ムーブメント)

教員に指示されないと動けない、そんな子どもにしたくない。 自ら考え、行動できる子どもに育てたい、 その思いからたどり着いた、リズム・バリエーションとクリエイティブ・ムーブメント...

詳しくはこちら