田舎に引っ越してきた勇太は、つまらない日々を過ごしていた。

学校の授業も簡単すぎて退屈。

村の子ども達にはもやしっ子!といじめられる勇太。

しょげる勇太の前に座敷わらしが現れる。
わらしは、勇太にカエルは怖くない、と触らせたり、
急な崖から走り降りてみせたりする。
すっかり仲良くなった勇太とわらし。
それを見ていたいじめっ子。

勇太はカエルに触ったり、急な崖から降りて見せたりする。

いじめっこと仲良くなり、かくれんぼをする。わらしが鬼役のいじめっこにいたずらする。
いじめっこ達には、わらしが見えないので、何が起きているのかわからない。
勇太はわらしを叱り、わらしは廃屋の中に。
廃屋が火事になり、わらしを助けに行く勇太を子ども達が引き留める
燃え尽きた廃屋から、まずわらしが意識を取り戻し
勇太を置いて去る
勇太と友達は仲良くなり、わらしに別れを告げる。
エンディング